アジア開発キャピタルで儲ける方法(株)

未分類

僕が本当に持っているアジア開発キャピタルの証拠写真です。

今回はどうやってアジア開発キャピタルで儲けたのか話したいと思います。

アジア開発キャピタルで儲ける方法

今アジア開発キャピタルで儲けるにはぶっちゃけ一円抜きしかありません。

今は6円~7円の間でアジア開発キャピタルは値動きしています。

ですので指値で6円で買いを入れて7円で売り抜けるという方法です。

指値についてはこちらの記事で解説してますのでぜひ見てください

例えば6円の株を指値で1万株買います。その後に7円で一万株売りで指値を入れます。それで売れれば1万円の儲けです。実に簡単な話です。

実際7円で10万株買って8円で売り抜けたときの証拠です。

 

この方法のメリットとリスク

メリット1 経済の影響を受けない

これだけ米中関係や日韓関係などが不安定なのにアジア開発キャピタルは急に下がることも上がることもせず動きはほぼ一定です。6円7円の間をウロウロしています。

下がるところまで下がっている雰囲気ですので、倒産しない限りはこの株は大丈夫だと思います。

メリット2 時間を取られない

やることは単純です。今の状態なら指値で6円で買いを入れて7円で指値で売り抜ける。それだけですので、普段仕事をしていて株を見ている暇がないという方でも指値をいれてほっておけばあとは勝手に処理してくれるので、時間を取られないです。

メリット3 低資金でも出きる

値段が6円で100株から買えるので600円持っていれば買えます。笑

ただそれだと売り抜けたときに100円しか儲からないのであまり意味がないので、1万株くらい買えるような資金になればありかなと思います。

メリット4 4.5年に一度爆発的な上昇をする

アジア開発キャピタルの10年間の株価の推移ですが、三回ほどバンと伸びた時間帯があります。その時々に出たニュースによってバンと瞬間的に上がることがこの株はあります。

なので辛抱強く待っていればドカンと利益が出る可能性があります。実に夢のある株だとおもいませんか?

リスク1 たまに下がることがある

良いことばかりではありません。例えば7円8円くらいで動いていた時に7円で買って8円で売り抜けようとした時に、急に6円に下がることがあります。(今僕が持っている株がまさにそうです。)

リスク2倒産する可能性

実際アジア開発キャピタル会社の経営の利益は赤字が続きいつ倒産してもおかしくない状態です。ただこれだけ赤字続きなのに、株価には影響が少ないのでそれもこの会社の株の強みかなと思います

株を買った際の注意点

これは僕が買っているアジア開発キャピタルですが、平均取得単価が8円となっています。

ただこれは7円で指値で入れて10万株買った株です。どうも指値で買った額の1円上がっ多額で表示されるようです。ですが、減った額を見てみるとちゃんと7円で10万株買った計算になっていたので、気にしなくても大丈夫です。

倒産した時の株

仮に倒産した時株価がどうなるかというとマネーゲームになりやすいです。

ギャンブル性が高くなり株価が一時的に乱高下するため、今のうちに買っておけばそうなった時に莫大な利益も上がりやすいかなと思います。

この方法の本質は根気です

只このような事を考える人はたくさんいるので、中々買えないし、売れないです。

なので結構時間がかかるのですぐに稼ぎたいなあと思う方は向かない方法かもしれません。

7円、8円で動いていたのに6円に下がった場合にパニックになって売ってしまう人も少なくありません。ここまで下がっているのだから少し下がってもまあまた戻ってくるでしょと楽観的な発想の人の方が向いてると個人的には思います。

最後に

いかがだったでしょうか?

アジア開発キャピタルという会社を初めて聞いた方も多かったかなと思いますが、面白い会社だと思います。

絶対とは言えないですが、儲かる可能性も十分ある会社だと思います。

しかし当然リスクはあるので株は自己責任でお願いします。

今は銀行に預けていても利率が低すぎてメリットがないです。

それならば株に投資して一回大きな利益を出す方が夢があると思います。。

この記事が皆様の人生の少しでも足しになれば幸いです

コメント

タイトルとURLをコピーしました