育休と産休の違いは?

Life

育休と産休似ている言葉ですが、違いは分かってますか?

育休を取るのが男性、産休を取るのが女性というイメージですが、育休と産休では所々受けられる手当や規定などが少しずつ違います。

どういう風に違うのか、知らない人も多いと思いますので、その違いを今回はまとめてみました。

育休と産休の違いは?

育休と産休の期間の違いは?                   

育休の手当てと産休の手当の違いは?

育休と産休の回数制限はある?

育休と産休の期間の違いは?

育休については子を養育する労働者が法律に基づいて取得できる休業の事です。

主に結婚している旦那さんで子供がいた場合や、仕事をしている奥様などが対象の休業かなと思います。

子供が一歳未満の場合は育児休業を申請することができ、やむを得ない理由がある場合は2年まで延長ができます。

育児休暇については上記のブログにさらに詳しく書いてるので、ぜひご覧ください。

産休については出産予定日の六週間前に申請すれば取得できます。双子以上だった場合は14週間前から取得できます。

この期間に関しては産前休暇といいます。

出産後は出産した翌日から8週間は就業できません。ただし医師からの就業可能という判断があった場合に限り産後六週間なら就業はできるようになります。

この期間を産後休暇といいます。

産前休暇と産後休暇この二つを合わせて産休といいます。

産後休暇終了後は希望ならば一歳未満までの間は休暇申請をすることが可能で、この期間からは育児休暇に切り替わることになります。

注意が必要なのは法律上休まなければいけなのは産後休暇だけで、育児休暇と産前休暇には会社に申請を出さなければいけないので、その点は気を付けないといけません。

あとは子供を産んだ後も働きたいという意思を会社に伝え、会社と供にこれからの事を相談をしていくのも大切です。

育休の手当てと産休の手当の違いは?

育休中の手当については育児休業給付金という制度があり、いくらもらえるかなどの解説もコチラの記事に書いてあるのでご覧ください。

では産休中はどうなのか?

産前休暇中と産後休暇中は出産手当金という給付金を受け取ることができます。

給付金の額に関しては給料の約3分の2に相当する金額が健康保険から支給されます。なので健康保険に入っておくのは必須条件です。

また出産予定日より出産が遅れた場合も出産手当金の支給がされます。

出産手当金の申請時期は産前でも産後でもどちらでも取れますが、産休開始から二年後までに申請する必要があります。二年を過ぎると過ぎた日数分だけ支給額が減っていくので注意が必要です。

さらに出産育児一時金というものがあり、妊娠85日以後の出産であれば42万円が受け取れる制度です。

ただし、妊娠期間や出産する医療機関によって支給額が異なるのでその点は注意が必要です。

出産育児一時金については医療機関が申請してくれるのであとは必要書類などを提出すれば給付金を受け取れます。

ただし受取を代理人にお願いする場合は自分で申請しなければならないので注意が必要です。

どちらにしても健康保険から支払われるので健康保険に入っておくことは必須条件です。

育休と産休の回数制限はある?

家庭によって子供が生まれる数も違うし生まれつき体の弱い子供だった場合は育休・産休を何回も取らなければいけない時もあると思います。

そういう方のために何回使えるのかというのを明記しておこうと思います。

回数は条件がそろえば何回でも申請可能です。

人によっては10年連続で育児休暇を取得したかたもいらっしゃるので、規定さえ満たしてれば回数制限はないということになります。

最後に

今回は育休と産休の違いについてまとめてみました。

出産した際や、育児休暇中にもらえる手当など調べないとわからない事ばかりです。

育休に関しては規定を満たせばもらえる当然の権利ですので、会社の雰囲気が育休がもらい辛い雰囲気だというのも関係なく申請できればなと思います。

とゆうよりかは、そういう風な社会になっていけばよいなと思います。

このブログが少しでもそういう社会に向かうための手助けになればと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました